鹿沼市児童六人死亡事故のてんかん治療放棄とうつ病過剰医療

元運転手(26)の初公判が
28日
宇都宮地裁で開かれます。
小4年生の長男を亡くした
父親(39)は
「幸せが絶たれた。
胸がはち切れそう」と
気持ちを明かし
 ―こころのケア中の
 裁判は辛いものがあります。
運転手のてんかん治療放棄について
 ―問題は
 てんかんというより
 てんかんのストレスから起こった
 PTSDです。
「発作が起こると分かっていて
運転していたならば
故意があるのでは。
六人もの命を奪いながら
量刑が
七年以下の懲役または禁錮の
自動車運転過失致死罪にしか問えないのは
おかしい」と
訴えます。
 ―これは精神科医療にも
 言えますね。
 何人殺害したのか
 恐ろしい数字です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。