「タコボーズ」に突っ込んだ住職のPTSD的罪悪感

群馬県高崎市で
「宝昌寺」の住職(63)が
運転する
乗用車が
飲食店「タコボーズ」に突っ込み
店員ら合わせて
3人が重軽傷を負いました。
数ある建物のなか
無意識が選んだのが
タコボーズ
蛸壺のような
PTSD解離社会の
閉塞感に感じるものが
あったのでしょう。
精神科の源は
お坊さんですからね。
牧師が死に行く人々の
不安をなだめていたのが
臨床の始まりです。
 ―元祖こころのケア
$PTSD研究家翠雨の日記
仏教でもそうですし
 ―遺族も聴いてますからね。
お釈迦さまは
何がPTSDになるか
四苦八苦として
まとめ
予防法も提示しました。
本来は
葬式(だけする)仏教では
ないのです。
檀家制度がそもそも
PTSDには
よくなかったりもします。
精神科医ほどではないですが
 ―PTSD解離犯罪
 マイケル・ジャクソンの
 主治医は気がついたときには
 重症患者と共犯関係になっていた!
ボウさんも悩んでいるのだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。