「ご被害者のみなさま、156ページ読め」の東電にこころのケアはなし

フクシマから避難した人たちに
東京電力から
送られてくる
賠償金請求書類の束は
156ページ
しかも呼びかけは
慇懃無礼な
「ご被災者のみなさま」
記入方法がわからなければ
この日にここへ来いと
言わんばかりに
日時と場所が指定してあるそうです。
PTSD研究家翠雨の日記
絵に描いたような
上から目線を
誰も注意しなかったのは
不思議なことです。
 ―解離してるのでしょうが
 高学歴集団にひとりくらい
 まともな神経の人がいてもあせる
こころのケアなんて
発想はそりゃないでしょうね。
被災者のみなさんは
もちろんご立腹で
「欲しいのはお金じゃない
あの美しかった自然を返せ!」
誠意ある対応なら
無理なことは言わないのです。
二次被害です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。