中3煽り溺死させた『崖の上のポニョ』状態の16歳鉄筋工

大阪市で
中学3年生の男子生徒に
淀川に飛び込むよう
煽り
溺死させた
鉄筋工の少年(16)が
家裁送致されました。
死亡した男子生徒の母親は
「息子がどんな思いで
飛び込んだのか

よく考えて欲しい」と
訴えます。
まさに
この人間性の解離が
少年の病の本質で
こころに鉄筋のような
一本の筋を通すことが
課題です。
$PTSD研究家翠雨の日記
少年も
家庭や学校で
こころに傷を負って
PTSDになってしまったのでしょう。
それは自分の責任ではなく
理不尽な運命です。
そんな崖っぷちから
どう次に移行するか
 ―もちろん死なないで
ジブリの主張するように
それはもう子どもでも
無関係ではない話です。
 ―16歳でこんな哲学的難題を
 押し付けられているのが
 非行少年の実態です。
あまりに辛いので
自分がやるべきことを
煽って人にやらせるのも
よくある現象です。
家裁では
こういうことを考慮しながら
PTSD治療してほしいです。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。