集団強姦で終身刑のPTSD解離俳優が殺人事件起こす意味

大ヒットコメディ映画
「オースティン・パワーズ」に
悪役として出演していた
韓国系アメリカ人
ジョー・サン(40)は
1990年
数人の男と共謀して
当時20歳の女性を
集団暴行・拷問
今年8月の裁判で
終身刑が確定しましたが
刑務所内で
50代の受刑者
(性犯罪で収容)を
殺害した容疑がかけられているようです。
刑務所はストレスフルで
PTSD解離人格には
耐え難い場所だと思います。
しかも
もう出られないなんて
絶望はこの上なくストレスフルです。
キレて
似たような人に
 ―性犯罪者
投影を起こし
 ―死んでほしいのは
 今の自分の人格
殺害してしまったのでしょう。
刑務所にいても
無意識は
『変わりたい』
 ―今の人格に死んでほしい
死ぬまでそう願っているものです。
わざわざ自殺する人もいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。