PTSD解離でキレた妻に慄いた夫が警察に救済求める

イリノイ州シカゴで
DV妻が逮捕されました。
言い合いの喧嘩をしていたところ
突如
妻(60)が
カップケーキの入った箱を掴み上げ
中に入っていたカップケーキを
夫(56)目がけて
投げつけ始めたそうです。
夫は
妻の剣幕にすっかりおびえ
警察に通報
駆け付けた警官に
全身カップケーキのかけらや
アイシングまみれになりながら
「妻を逮捕してくれ!」と
懇願したそうです。
数は少ないですが
DV妻もいます。
暴力も恐ろしいですが
剣幕というような
 ―剣の幕とはよく言ったものです。
心理的威圧感も
なかなか恐ろしいものです。
ここまでの剣幕を
かもし出せるのは
たいてい
PTSDで解離したときです。
 ―神がかり的です。
 
 ヒステリーは昔魔女と
 畏れられた存在ですから。
77万円の保釈金を払って
釈放されたようですが
自宅に戻ったのかな… ガーン

PTSD解離でキレた妻に慄いた夫が警察に救済求める」への2件のフィードバック

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    この事件では死人が出なくて良かったと思いました。十年ほど前、当時、住んでいた近所で、夫婦喧嘩の末、ご主人が話にならんと思ったのか奥様に背を向けたところ、かっとなった奥様がフライパンで後頭部を強打、ご主人が亡くなった事件がありました。キレても大したことはしない人と、そうでない人の差は何でしょうか?

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    そうですね。
    多少は激論になった方がいいと思うのですが、人が亡くなると困りますね。
    よくわかりませんが、解離して行動がデタラメになる場合と、解離したために最上の一撃ができる場合があるように思います。
    おそらくは、前者はまだ相手への甘えがあり、後者はつのる恨みが結晶した(無意識の集中)確信犯ではないかと想像します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。