東日本大震災ショックで来秋から職場のこころのケア義務化

小宮山洋子厚生労働相は
昨日
事業者に対し
医師などによる
従業員のメンタルヘルス
(心の健康)チェックを
義務付ける
労働安全衛生法の
改正案要綱を労働政策審議会に
諮問しました。
今臨時国会に提出され
来年秋にも
施行される見込みです。
厚労省は
「東日本大震災を契機に
メンタルヘルスが不調に陥る人の
増加が懸念され
予防対策を充実させる必要がある」と
考えています。
仕事上の
ストレスが原因で
うつ病などになる
人が
増えているから
というのはデタラメですし
医師主体というのが
心配ですが
 ―血液検査して
 うつ病と診断され
 投薬治療のコースが強化される
秋までには
★ストレスが原因の精神的不調は
 PTSD
★投薬でなく傾聴が大事だから
 医師でなくてよい。
 薬が使えない非医師が安全
そういう常識のもとの
こころのケアになるでしょう。
そうすれば
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
心理士もこういうことは
やめなくてはならなくなります。
 ―医療心理士の国家資格は
 これができるかどうかに
 かかっていますよ。
 
 スクールカウンセラーの
 失敗の二の舞を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。