複雑性PTSDを昇華した橋下徹大阪府知事

$PTSD研究家翠雨の日記
★親がヤクザ
 ―友達と話が合いません。
★同和問題
 ―地域で温度差がありますが
 差別がキツイ場所も
 一見改善したと見える場所も
 過酷な場所は過酷です。
★身内の犯罪
 ―理不尽な罪悪感に
 苛まれます。
★親の自殺
 ―どう受け止めてよいのか
 哲学的問題に襲われます。
★子を利用する機能不全家族
1つだけでも
そこで成人する子どもには
他の子どもにない
気苦労があります。
これだけ背負い
ニコニコしながら
よく勉強して
知事になり
大改革をしています。
しかし
トラウマから派生する
微細なゆがみが
この人を少し暴君に
しかかるんですね。
それで
こんなかたちで
押さえ込まれようとしているのだと
思います。
 ―みんな不安なのでしょう。
問題は
血脈ではなく
 ―先天的な
 どうしようもない問題
PTSDの負の連鎖です。
 ―後天的な
 努力により
 過補償される問題
バッシングするのではなく
この人の
トラウマティックな人生から
みながPTSDというものの
明暗を学び
その上で
仲間になって
支えたらよいのにと
思います。
人の痛みがわかる人だから
 ―虐待児には優しい。
 私学を無償にしたのも
 画期的だと思います。
 (詳しくは知らないのですが)
大阪からこころの健康教育を
したらどうかと思います。
でなきゃ
モッタイナイ話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。