『崖の上のポニョ』と自覚すればPTSDが治る

生まれた時
両親がつけた名前は
ブリュンヒルデ
 ―両親の想いが
 籠められています。
しかし
生まれ変わろうとした時
 ―日本人は
 よく名前を変えてきました。
支援者
宗介がつけた名前が
ポニョ
そして
なぜか
一心不乱に
崖の上を目指すようになります。
 ―支援される側も
 応えて
 がんばる必要がある。
 海底でグズグズ言ってても
 始まらない。
崖の上のポニョは
如人千尺懸崖上樹
お釈迦さまのころから
一貫して存在する
リセットの法則
$PTSD研究家翠雨の日記
お父さんは
ポニョがかわいいから
手元から離したくない。
そして
ポニョという名前を認めない。
ポニョの不適応が
 ―家出したり
 ぼーっとしてたり
 言うこときかなかったり
 自己主張したり
後天的病であることを
 ―病というよりは
  成長痛ですがひらめき電球
否認するのは
PTSD否認社会の象徴だと
思います。
しかし
親や世間の無理解は
致命的なものではないことを
実はポニョは示しています。
 ―自己実現したあと
 認めさせるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。