18歳に性的暴行の米兵に懲役10年と加害者プログラムの韓国

受験生向けの貸し部屋に侵入
18歳の女性を
暴行した
在韓米軍第2師団所属の
被告(21)に
懲役10年が言い渡されました。
判決文には
「明け方に侵入
3時間にわたって
加虐的・変態的に
性欲を解消する間
被害者の女性は恐怖におびえ 
性的屈辱感を強いられた。

 ―PTSDの種ですね。
罪状は極めて重いにもかかわらず
被害回復のための
いかなる措置も取らず

 ―被告はPTSDですから
 解離してトンデモないことをしますが
 被害修復の義務に触れてます。
 ストレスに弱いので
 ないに等しい
 情状酌量の余地ですがあせる
 韓国は日本より
 分析的ですね。
厳重な刑の宣告は
避けられない」と説明され
性犯罪治療プログラムの履修
(80時間)と
 ―依存症には罰だけではなく
 治療が必要です。
 泥酔状態で解離しての犯行です。
 本人には
 泥酔せずにはおれない
 理由があったのです。
 米軍が犯した凶悪犯罪の発生件数は
 2000年代に入り
 平均すると1年間に227件
 予備軍がたくさんいます。
★10年間の身元情報公開も
明記されています。
 ―再犯率が高いですからね。
日本のPTSD予防の不徹底さが
浮き彫りになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。