殺人事件に発展することもあるPTSD解離同級生との飲酒

中学校で同級生だった
男性を
ナイフで刺した
埼玉県の
無職男性(64)が
逮捕され
同級生は
約2時間後に
死亡しました。
居酒屋で
一緒に酒を飲んでいて
口論になり
店を出た同級生を
駐車場まで追いかけ
刺したようです。
同級生は
話さなくても分かり合える
気楽さがよいですが
 ―自己紹介がいらない
記憶は塗り替えられてますから
記憶によっては
追求すると
こういうことが起こるでしょう。
例えば
苛められた方は
強くこころに刻まれており
苛めた方は
解離して
覚えていません。
 ―自分が
 そんな酷いことしたとは
 思いたくないし。
ナイフを持ち歩くのも
自信のなさで
基本的に
PTSDだったのでしょうが
思い出話に刺激され
感情のコントロールを
失ってしまったようです。
PTSD解離人格との
思い出話は要注意です。
飲み会は
分析家のいない
精神分析です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。