訴訟書類紛失の虐待加害者弁護士もPTSD性解離かも

姫路市で
同居していた
女性の
2歳の長男に
暴行
傷害罪で起訴された
男性被告(30)の
男性担当弁護士(29)が
訴訟用書類
約300枚を紛失しました。
案外あるんですよ。
DV夫に
新住所知られてしまったりあせる
 ―もちろん弁護士が
 責任もって補償します。
モンスター依頼人も
いますしね。
 ―不利になると
 解離して
 むちゃくちゃを言いだすので
 よく困っておられます。
 保護され感が昂じて
 とてつもない甘えが
 出てくるみたいです。
 【転移】ですね。
裁判で
こころに傷を負う可能性は
裁判員だけでなく
当然
弁護士や
裁判官にも
あるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。