小惑星「ナマハゲ」と命名されたPTSD予防教育の象徴

火星と木星の間の
小惑星の一つが
「ナマハゲ」と命名されました。
札幌市の天文家
渡辺和郎さん(56)が
発見し
国際天文学連合に
名称を提案
登録されたそうです。
「みなさんに
喜ばれる名前を付けたい。
ナマハゲをきっかけに
天文に関心を持ってもらえれば」と
話されています。
$PTSD研究家翠雨の日記
ナマハゲは
PTSD予防教育のために
半ば無意識的に考案された
文化装置です。
 ―西洋二元論で見れば
 児童虐待です。
PTSDは
心理的問題ですから
哲学・宗教・科学のほか
天文学にも通じます。
 ―チベット医学は
 心理学であり
 ラサの病院は
 毎年暦を発行します。
寺田寅彦も
「科学が
人間の知恵の
すべてであるもののように
考えることは
1つの錯覚である」と  ←認知の歪み
述べました。
PTSDについて
西洋科学で
議論するのは
相当偏狭なのです。
まあビョ-キでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です