被災地の記者さんのPTSD二次受傷と飲酒問題

忘れっぽい日本人ですが
風化させないで
記事にしていくことが
こころのケアになりますから
記者さんの存在も
大事です。
$PTSD研究家翠雨の日記
宮城県石巻支局長の
記者さんが
文章の終わりを
こうまとめていました。
二次受傷が普通に存在するようです。
 ―傷ついた人の話に傷つく。
 傾聴しているから
 発生します。
記事を書くためには
ある程度は
抑圧しなければなりませんが
 ―朝日の記者さんですから
 これが相当強いと推測します。
お酒を飲んだら
それがむくむくと
湧いてくるんですよね。
 ―独り精神療法の世界です。
 この方は爆弾抱えてますね。
 被災者もそうだということです。
 
$PTSD研究家翠雨の日記
17年後
神戸の
この記者さんみたいに
ならないことを
祈ります。
 ―過去を忘れて前向きに!
 だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です