一太極二陰陽の夢

ある心理臨床家の夢
「私は
坂道を
自転車で降りていく
スポーツをしている」
$PTSD研究家翠雨の日記
心身をつなぐ
感官を通って
 ―スポーツのように
 トレーニングが必要です。
集合的無意識に
降りてゆきます。
「誰かに
後ろから押してもらい
 ―自然の法則に
 素直になれない場合は
 後押しが必要です。
スピードをあがったら
 ―誤記ですね。
 しかしこの言い間違いに
 真実があります。
 スピードをあげるのか
 スピードがあがるのか
 自力なのか
 他力なのか
 わからない領域なのです。
$PTSD研究家翠雨の日記自力と他力
「自分の力で
精一杯こいで
坂道を降りていく」
「スタートしようと思った時
その横でやはり
私が砲丸投げをしている
イメージが浮かんだ」
 ―下がるイメージのなかに
 上がるイメージがあり
 上がるイメージのなかに
 下がるイメージがありの
 【補償】作用に気づきます。
「私は
先に
もう一人の私に       ☚影
砲丸投げをさせてあげた後に
自転車で降りていった」
 ―影との対話
「坂道の下のほうは
平坦な道で
このままスピードを上げれば
どこまで行けるだろうか
楽しみだ、と思った」
無意識では
真実を掴んでるのですが
意識化が
むつかしいようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です