DVがPTSD解離犯罪を生んだ光母子殺害事件

犯行は
日本では死刑に値すると思います。
遺族として
13年間
 ― 一生続くと断言されています。
苦悩に向き合われ
 ―自殺願望を
 憤怒神のエネルギーに変える姿は
 仏教的な感じがしました。
そこから
新しい人生が生まれたという
報告には
尊さを感じました。
 ―多くのことをこの人から
 学びました。
その上での話ですが
死刑宣告を受ける
元少年のような子どもが
出てこないように
考えることも必要だと思います。
ポイントは
「犯行時の年齢に比べ
精神的成熟度が
相当低かった」

 ―発達障害ではなく
 情緒障害が認められた。
少年の生い立ちが
 ―★ものごころついた頃には
  父親によるDV家庭
 ★中1で母親自殺
 ★若い外国人継母が来て
 ★外国人異母弟と生活
高校卒業後
就職しても
無断欠勤させ
この犯行を起こさせました。
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―トラウマは
 亡霊のようにつきまとい
 その人を破滅させようとします。
 内なるストーカーです。
幼い心の傷つきを
ケアすることができたら
 ―DV撲滅
 小児虐待撲滅
PTSDを予防することになるし
こんな哀しい事件を
食い止めることにも
なるのです。
本当は
魂には
メスも薬も
法律も要らないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です