PTSD解離の中島知子さんに白黒つけさせるのは結局『アジアの純真』陽水るにポニョ

昨年夏には
裁判所に
人身保護請求が出され
 ―救うべきは人心ですが
 心身一如ですから。
入院し
カウンセリングも受けますが
無効
 ―オセロゲームのようなもので
 本当に無効かどうか
 これがどういう流れを作るかは
 最後までわかりません。
提訴されても
欠席裁判
判決などどこ吹く風
強制執行も多分
「誰が受けるの?」でしょうね。
そういう状態の人に
弁護士が突撃訪問で2時間粘っても
それは無効
 ―これもあとで効いてくるでしょうが。
PTSDには
医療も司法も無効ということを
教えてくれています。
 ―カウンセラーについては
 カウンセリングとかじゃなくて   ☚単なる相談
 サイコセラピーじゃないとね。  ☚哲学・宗教的なもの
 (最古)
あとの切り札は2つだそうです。
★父親
 ―入院中は
 罵詈雑言浴びせたそうですが
 飯星さんの例もありますからね。   ☚弱さに反応
 人質事件の加害者や
 自殺しそうな人には
 警察は親を連れてきます。
★アジア脱出
結局『アジアの純真』が治すのです。
 ―PUFFYのデビューシングル
 1996年
トラウマ人生の開始がどこからかは
知りませんが
大きな転機は
これを創った人との出会いにあり
そこへ実際に還って
癒していくのは
禅の公案に過ぎない
【如人千尺懸崖上樹】が
 ―ポ如・崖の上の
現実世界で
意味を持って華ひらくとき
 ―現実・非現実に架かる
 架空にこころを遊ばせる。
 白黒(陰陽)二元論を超えた
 【一太極二陰陽】が
 アジアの純真
人が大きく変化する
根本原理と似ています。
陽水さんは   ☚陰陽の水ですね。
最後の歌詞を
「ただ、ナンマイダ」にしたかったそうですしあせる
タイトルも
漢文で硬いので
パフィーのイメージに合わないから
変更されました。
$PTSD研究家翠雨の日記
魂が走り抜けるのは
【集合的無意識】
$PTSD研究家翠雨の日記
ベルリン・ダブリン・リベリア・バラライカ・ラザニア
 ―ベルリンはドイツの首都
 ダブリンはアイルランドの首都
 リベリアはアフリカにある国
 バラライカはロシアの楽器
 ラザニアはイタリアのパスタ料理
 ロシアの一部がアジアに含まれることを除けば
 アジアに無関係
 集合的無意識は
 このように響きや妙なつながりでできています。
 そこを降りていって
 アジアの純真に出会うには
 ポニョのような無垢なこころが必要で
 そうなるように支えるのが
 傾聴の役割です。
 本当に傾聴するなら
 マインドコントロールも
 特殊なものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です