ホイットニー・ヒューストンPTSD性負の連鎖で娘もドラッグと抗精神薬カクテルに倒れる

48歳で急死した
歌姫ホイットニー・ヒューストンさんですが
娘の
ボビー・クリスティーナ・ブラウンさん(18)は
すでに
周囲がリハビリ施設に入れることを
検討しているほど
負の連鎖がみられ
 ―17歳で
 パパラッチに
 コカインを鼻から吸っているのをキャッチされた
母親が急死した時には
ショックで倒れ
病院に搬送されています。
 ―ストレスに弱さはPTSD級
回復していたように見えましたが
 ―病院で使うのは
 合法薬ですよね。
葬儀の前日に
姿をくらまし
 ― 病院搬送は根本解決にならないのです。
  加護亜依さんもそうです。
葬儀に参加したときには
ドラッグでハイになっていたそうです。
 ―このドラッグ
 合法薬のことでしょうか?
 (母親は合法薬で死亡)
 違法薬のことでしょうか?
自分の歌手デビューを望んでいた
偉大な母の葬儀であり
離婚した
父親が隣りに座りたいと
押しかけてくることもわかってたから
やりきれなかったのでしょう。
18歳には
重すぎる課題です。
依存症になる人は
守りのないところで
 ―世界中から注目だけは
 されてますがね。
相当追い詰められて
仕方なくこの道に入っていくのだなぁと
思います。
PTSD予防教育により
外からぐいっと
引っ張る力が必要です。
 ―アマテラスを助けた
 古事記の神々のイメージかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です