立命館大学PTSD解離准教授セクハラ解雇

5年近くにわたって
女子学生にセクハラ行為をした
生命科学部(滋賀県草津市)の
40代の男性准教授が
諭旨解雇処分になりました。
女性が
大学側に申し出て
発覚
調査に対し
准教授は
「相手は不快な感情を持っておらず
セクハラだと思わなかった」と
否認しましたが
副学長は
ホームページで
女子学生の
精神的苦痛を認めて謝罪
勉学を続けるのに
支障がないよう配慮し
再発防止のに努めると
約束しています。
PTSD予防を意識した文章ですね。
(こころのケア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です