DV男御用達「お前」に酔うとPTSDが不治になる

男性が女性のことを名前ではなく「お前」と呼ぶ理由9パターン
彼氏はもちろん、親しい男性からの呼ばれ方は女性にとって重要なポイントです。特に、男性が呼びがちな「お……….≪続きを読む≫

人の趣味に立ち入るのは
よくないことですが
「尊敬する旦那さまドキドキ」なんて
メイドカフェみたいな表現は
危険だなぁと思います。
 ―たいてい危険なことしてます。
封建的な時代は
それしかなかったのでしょうが
 ―ごく最近まで
 女性は禁治産者あつかいですから。
 今でも
 「主人に聞いておきます」
 「主人が反対しておりますので
  私はどうも…」と
  有効利用されたりしてます。
  市役所の徴収係の人が
  苦労してます叫び
  『両性の合意で結婚する時代だろうが!』
今の時代
そこで起こった問題には
自己責任が伴います。
 ―うつ病でっちあげや
 発達障害でっちあげ
DV被害者の話を聞いてると
自然に
「お前」が出てきます。
それなりの年齢の人なら
よいのですが
今風のファッションの
10代の口から聞くと
  !?
言葉は
いちいち
そう考えて
使われてないだろうからとは
 ―しかし
  母親の口癖を踏襲するのは
  ヒステリーかも
思ってましたが
しっかりと
支配関係が入ってるということですね。
語源の
大元まで還ると
「御前(おんまえ)」
天皇で【象徴】されるような
セルフを前にして
ということですから
自分の命と向き合うような
凄い次元の話です。
貴様と一緒ですね。
「キサマー!許さん!」という
喧嘩言葉ですが
言われて見れば
そんなに逆上するのは
たいてい【投影】起こしてます。
DV男も
女性を
一人の人格をもった人間として
見ることができないから
 ―トラウマティック・エピソードに支配され
 母親を前にした
 無力な自分になってしまう。
 やられる前に
 やり返せ!とばかりに…
 (白黒二元論)
爆発してしまうのです。
 ―あの頃は
 暴れてもかわいいものでしたが
 今はへたすりゃ犯罪者です。
犯罪者予備軍を飼い慣らすには
麻薬が必要なんでしょうね。
 ―併用として
  ★抗精神病薬
  ★各種依存症
たかが言葉
されど言葉
 ―陰陽
デス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です