PTSD発症し解離中に二児餓死させた下村早苗被告に懲役30年

大阪市西区のマンションで
2010年
自室に
3歳と1歳の幼児を
放置し餓死させた
母親の
元風俗店従業員
下村早苗被告(24)に
有期刑の上限の
懲役30年
(求刑無期懲役)の
判決が出ました。
裁判員裁判ですから
これが民意ですかね。
ゴミ屋敷で育って
子どもをゴミ屋敷で

 ―ゴミ屋敷度が進化してます。
死なせてしまった
未治療PTSD事例として
歴史に残るでしょう。
 ―学会は
 うつ病研究に忙しく
 PTSDはスルー中
後の世の人に
「この時期は狂ってたね。
断罪するばかりで
事件から
何も学ぼうとしないんだからね」とか
 ―マンションの住民は
 自発的PTSD予防的に集まり
 社会に発信してましたし
 シングルマザーの方々も
 傍聴してましたがね。
言われたくはないですよね。
PTSD問題は
 ―自殺も
 誤診も
 薬害も
放置してはいけないのです。
「ホストと遊びまわっていた」とか
言われてますが
解離中のことです。
 ―脳内麻薬が効いてます。
 解離するしか
 自分を保てなかったのです。
 ゴミ屋敷での孤独の記憶は  ☚トラウマ
 キツイんです。
 このマンションに来るまでは
 真面目に頑張ってたんですよ。
解離は麻薬だから
PTSDを放置することは
麻薬解禁と同じなんです。
日本中を薬チュウだらけにしても
いいですか?

2 thoughts on “PTSD発症し解離中に二児餓死させた下村早苗被告に懲役30年

  1. りんこ

    SECRET: 0
    PASS:
    思えば思うほど、やりきれない事件です。
    風俗で働いてたということですが、V.E.フランクルの「死と愛」という本で、愛情飢餓状態がひどければひどいほど、そういう行為が過剰になってくる、というようなことを読みました。
    すべてが、そうではないのでしょうが、かつての自分に当てはめて考えてみた時、確かにそうだったかもしれないと、やけに納得してしまいました。
    罪は罪ですが、この母親も、自分が癒されることで精いっぱいだったのかもしれないという気がしました。
    犠牲になるのはいつも子供たちです。
    この事件が今後に生かされればいいのになと私も思います。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >りんこさん
    本当にそうですよね。
    ここに陥ってしまえば、人間は誰だって弱いので、まずは、そうならないように予防することが大事ですよね。それに餓死する寸前までチャンスはあったんですよね。よいとか悪いとかを超えて、救助するにはPTSD教育が必要だと思います。児童福祉のセンセイはそういうの興味ないらしいので、なかなかですがね(>_<)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です