PTSD解離性通り魔を万引きの隠れ蓑にしようとした小5男児

栃木県足利市の
スーパーで
切り付けられたと報道された
小学5年の男児(11)は
手品をするため
コップとカッターなどを
友人(11)と
万引き
駐車場で
 ―大分焦ってます。
カッターでコップに
切り込みを入れようとした際
誤って左手を切り
両親が傷を見て
万引きが発覚することを恐れ
 ―思考が短絡的になってますが
 発達障害ではありません。
「見知らぬ男に切られた」と
店員にうその説明をしたそうです。
人にあっと驚いてもらって
ストレス解消したかったのでしょうが
 ―大きなトラウマがあるのでしょう。
禁じ手を使うのは
解離してます。
PTSD発症して
11歳にして
もう相当こんがらがってますね。
今は悪化するのが早いです。
こころのケアを
学校でしないとダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です