絵を使ったPTSD予防教育がいいかも

$PTSD研究家翠雨の日記
授業中
自分の言葉をうまく使えず
キレる子が
多いそうです。
1つの絵を見て
「どう見えるか」
話し合わせる授業だそうです。
 ―先生が
 聞き役というのもいいですね。
DVシェルターの子どもも
箱庭を作ったら
お母さんや
兄弟や
いじめっ子に見せたがります。
 ―見た人は
 その子への見方を変えますし
 その子はとても満足します。
 心理学なんか知らないと思いますが
 そういうことがあります。
$PTSD研究家翠雨の日記
今日は
昨日朦朧としながら
仕上げたコメントつきの
絵を
学生さんに
返しました。
講義内容の質問は
(恐れてかあせる
あんまり来ないのですが
自分の絵を中心にすると
リラックスして
饒舌にいろいろ語ってました。
絵には
不思議な力があると
また実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です