『紅の豚』と『來自紅花坂(コクリコ坂から)』戦争PTSD予防のためのシリーズ

『コクリコ坂から』の
中国語表記は
『來自紅花坂』
しかし
紅花と言えば
こういう
PTSD研究家翠雨の日記
黄色い花のことですから
赤い花であることに
意味が込められていると思います。
 ―華厳の花 + 陰陽五行説の火気
フランス国旗の赤も
コクリコの色ですし
PTSD研究家翠雨の日記
 ―国家は好戦的ですよね。
 でもそれはそれとして
 (こんな時代があったよねと)
 歌われます。
イギリスでも
赤いコクリコが
第一次世界大戦における
犠牲の象徴とされていて
PTSD研究家翠雨の日記
ヨーロッパでは
11月11日は
リメンブランス・デーです。
 ―1918年の11月11日に
 第一次世界大戦が講和したことから
 追悼記念式典が行われる。
日の丸に
感情が動かされるのは確かですが
 ―象徴ですから
今一度
世界の「紅」として
捉え直すことが
 ―集合的無意識の図で
 国家レベルの層で完結するのではなく
 もっと深く降りてって
 人類共通の常識でつながる。
世界平和にも
非暴力精神にも
PTSD予防にも
必要なんじゃないかと
思います。
そして
『紅の豚』の作品があるから
 ―軍に戻りたくないから
 自分に魔法をかけた豚人間   ☚中間で思考  
紅花にしたんじゃないかなと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です