原発問題も機能不全家族問題もPTSD解離物語としての古事記コンプレックスから

安全神話
 ―安全と思い込もうとする  ☚不安の否認
 病理
母性神話
 ―母親であれば
 母性があり
 献身的で正しいと       
 信じ込もう
 (信じ込ませよう)とする     ☚不安の否認
 病理
神話と名のつくものは
たいてい
コンプレックスの
温床ですね。
安全も母性も
あやういバランスのなかで
ようやく維持できるものだと
いうことでしょう。
日本の神話は
『古事記』
$PTSD研究家翠雨の日記
二元論を超えたところで
バランスを取りながら
日々更新しつつ
皇室を鏡として   ☚プロジェクター
映し出されます。
原発の安全神話は
コンプレックスがあるから
簡単な話なのに
サルなみの
場当たり的試行錯誤行動を
繰り返しながらでしか
進まないし
雅子さまも
命懸けで
母性のお手本を提示されました。
 ―なかなかこんなお母さん
 いないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です