『積木くずし』PTSD解離性毒親が崩れる機能不全家族の最終章

$PTSD研究家翠雨の日記
PTSD治療は
記憶の修復ですから
書く事は大事だと思いますが
娘さんの心情を全く無視し
 ―多感な時期に
 プライベートな非行事実を
 (本人の過失とは言い難い)
 全国的に知られた苦悩と
 (酒鬼薔薇でもプライバシーは守られる)
 植え付けられた罪悪感は
 はかりしれません。
自分の創作に酔い
 ―自分に都合のよいように
 語っているうちに
 自家中毒を起こし
機能不全家族の被害者である
子どもを情緒不安定にし
死に追いやり
妻も解離性遁走します。
 ―知らずに共犯関係にあっても
 事実の一部が見えだすと
 いたたまれなくなり
 逃げ出したくなります。
PTSDの暴露病が暴れだすと
お家取り壊しになります。
コワイ話だったんですね。
 ―この人は一体何がしたかったのかと
 いうことになりますが
 【解離】してますから
 ただ場当たり的に
 注目されようとしただけなのです。  ☚ヒステリー
 そういうビョーキです。
もう絶対繰り返してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です