32歳男性のPTSD解離性硫化水素自殺で周辺の住民避難

昨日
午後7時半ごろ
大阪府
守口市の
マンションで
浴室の入り口に
「毒ガス発生」などと
張り紙をして
 ―明らかに
 ちょっと前の流行を真似てますね。
 木嶋佳苗被告の
 練炭自殺見せかけなんかも 
 ありましたから
 思い出したのでしょう。
住人の男性(32)が
自殺しました。
帰宅した母親が
発見したようですが
硫黄の臭いがしたため
マンション住民ら約100人が
一時避難しています。
自殺報道が増えてますし
PTSD予防が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です