発達障害でっちあげ手をつないで子育てしないと海賊ゲームになりPTSD児だったと発覚する

$PTSD研究家翠雨の日記
海賊ゲームって
言うんでしたっけ?
発達障害児を
でっち上げる親のブログの
操作性に
これを思いました。
治療も
子育ても
教育も
共同作業だと思うのですが
小学生になったからと
いきなりプログラム発表クラッカー
外から
「お顔洗いなさい」
「お洋服に着替えて」
「ご飯食べて」
「歯を磨いて」
「ランドセル持って」
言葉で
指示・指示・指示…
(心理的)めまいを起こしているところに
「そうそう怒っちゃいけないのね。
 褒めるったって
 できてないわけし…。     ☚二元論
待ってみよう」
(理解ある私音譜
「…」
「いつまで待たせる気むかっ
 !?
 爆弾
 「もうわけわかりませんしょぼん
 「臨床心理士のセンセイに聞いてみよう」
 (あんまり信用してないけど
 時々いいこと言うから)
   ―「よいところも
    みてあげましょう」とか言う。   
子どもは
寝るとき
手をつないでくるようになりましたが
 ―(こころの)手をつないでほしい。
  心的世界を一緒に共有して
 自分の目線で見て
 どうしたらいいか教えてほしい。
「幼いのも     ☚サインの誤読
発達の凸凹ね。
困ったもんだ」
いつか子どもの方が
飛び出しますね。
その時は
薬の出番でしょうね。
 ―遺伝子に組み込まれてた
 プログラムですか?
「一生おつきあいしましょう」って
病院で契約しますか。
 ―終身保障ですね。
 安心ですか?
 幸せですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です