ベテラン医師たち8人北アルプス死亡はPTSD否認でっちあげうつ病社会の象徴

北九州市内の
医師を中心とした
山仲間だそうで
聞いた人は
「なんで?」と
驚きを隠せないようです。
 ―立ち止まらせるのに
 8人が犠牲になりました。
 無意識でしょうがね。
★山のことはよく知っていたはず   ☚知識バッチリ
軽装で北アルプスに行くなんて
ありえない。
★スポーツも得意だった。      ☚体力バッチリ
★アフリカ最高峰
キリマンジャロへの登山経験もあった。  ☚海外事情もバッチリ
そのキリマンジャロですよ!
 ―西洋医学についても
 同じような
 ブラックボックスがありますよひらめき電球
日本人は
帰国して
「成功したぞ!」と
嬉しそうですが    ☚金持ち平和ボケ
現地のガイドは
サンダルばきの軽装だし  ☚しかも捨てたタイヤで作ったようなあせる
日本人御用達ルートは
実は駆け上がれるくらいです。
 ―日本人は重装備で
 「だめなら引き返すことも  ☚正しいですが
 勇気だ」とか
 大層な哲学で重装備して
 かかる。
身体能力も自然の猛威についての知識レヴェルも  
全く異質です。
 ―オリンピックとシャーマン薬物治療が
 参考になるかな?
日本人の重装備を
半分持ってくれるのが
彼らです。
PTSD治療と同じです。
日本人が
信奉する
科学や医学について   ☚理科系なら賢いのか?
 ―大事ですよ。
 ないと困ります。
そこまで能力があるのかと   ☚うつ病治せるのかと  
再考する
よいお題ですね。
ユング的に言えば
象徴的事件であり
布置を感じます。
そこから考えず
「実はアホか?」というのは
二元論的思考で
そう思う人がこれまた
救われないアホです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です