こんにゃくゼリーで死亡男児の両親敗訴 でっちあげ発達障害のPTSD解離性毒親タイプ

兵庫県内の
1歳11カ月の男児が
平成20年9月
こんにゃく入りゼリーを
のどに詰まらせて死亡したのは
口の中で崩れにくいなど
商品としての欠陥のためだと
提訴していた
両親は
敗訴しました。
高齢者と幼児には
危険だと
警告文書もあったのだから
当然でしょう。
行政に無理を言って
PTSD児を
支援学校に行かせた挙句
 ―ストレスから悪化
児童精神科に入院させ
薬の副作用で
おかしくなったと
訴えるようなものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です