事故の瞬間を目撃しながら「見ていない」とPTSD解離報告の京都の警官

今月1日
少女が
バイクの二人乗りで
死傷する事故があったそうですが
 ―コレも
 危険運転で
 暴走事故の流れの中にありますね。
パトカーの警官2人が
ちょうど
追跡中で
事故の瞬間を目撃していたのに
「見ていない」と
報告していたそうです。
キューブラー・ロスの
『死ぬ瞬間』を
思います。
驚愕したとき
 ―がん告知とかで
まず起こるのは
【否認】
虚偽の報告しても
何の得にもならないので
無意識だったんじゃないかなと
思います。
祇園の暴走事故から
連鎖してる大きな流れに
飲み込まれそうになったのでしょう。
 ―内なる津波で
 死の恐怖です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です