変死が多いから「私は絶対に自殺しません」宣言の中国に学ぶ日本のPTSD否認自殺対策

中国では
民主化運動をしている
人々が
 ―命懸け
「私は絶対に
自殺しません」と
次々
宣言しているそうです。
当局が関わって
自殺にみせかけた
変死があるからです。
 普通の人々も
「自殺したら
 殺されたと思って」と
 ネット宣言始めています。
 無関係な人はいないからです。
日本の自殺も
同じです。
普通にイメージされているような
自殺はもはや少なく
精神科の堕落問題から
精神操作され
 ―治すことはできなくても
 壊すことはできます。
絶望に追い込まれ
意識があるのかないのか
わからない状態で
自殺したり
犯罪を犯したりします。
悪いのは
当局です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です