でっちあげDV裁判の首謀者美元はPTSD解離性マッチポンプ的狂信医療の象徴

夫で俳優の
高嶋政伸が
まるでDV男であるかのようにみえる
音声テープを作った
 ―残念ながら
 どこから聞いても
 でっちあげ証拠ですが。
美元さんは
恐ろしいなぁと
思いましたが
 ―医者は
 二人とも睡眠薬を飲むように
 勧めますし叫び
 要するに
 深く考えちゃいけない
 問題なんですね。
韓国ドラマには
そういうタイプの女性の
雛形がありますし
 ―チャングムとか
 すばらしい女性も
 素晴らしい王妃も
 たくさんいます。
今の日本の医療の
 ―特に
 精神科とがん医療
 ステロイド使う皮膚科もかな。
マッチポンプぶりを
 ―日本語です。
 問題をでっちあげて
 解決しようとする人を演じ
 儲けようとする。
 がんもうつ病も
 発達障害も
 地獄絵のように
 急速に悪化するようになりました。
 そうなると脅されて
 驚愕し
 PTSD発症して
 判断能力を失い
 医療に頭をあずけます。
 中島知子さんを笑えません。
 おそらく中島さんも
 巫女的に
 問題提起させられた
 カナリアでしょう。
無意識的に
模倣しただけでしょう。
PTSDはヒステリーですからね。
絵に描いたヒステリーを
演じているのです。
木嶋佳苗もよく似てますね。
 ―世間では毒婦という
 カテゴリーらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です