児童支援施設から逃亡中転落死の中2女子生徒 PTSD否認の場所には死んでも行きたくない

大阪市西成区で
起こりました。
生活面を理由に
入所が適切と
判断されていたようですが
 ―経済なのか
 家族関係なのかは
 不明
抜け出し
「どうやっても
逃げる」と
宣言していました。
PTSD否認の場所は
辛いです。
発達障害扱いされたり
下手したら
薬飲まされたりの
苦界です。
死ぬよりツライと言っているのだから
改善しないとダメでしょう。
大津の件もあり
命懸けで訴えている
 ―敏感です。
悲痛な叫びを無視しては
いけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です