西田哲学会第十回大会 PTSD否認の時代にアメリカ人と木村敏先生と

PTSD研究家翠雨の日記
森の中みたいな
緑豊かな
キャンパスは
考える環境も大事だなと
教えてくれます。
PTSD研究家翠雨の日記
アメリカ人の発表もあり
 
PTSD研究家翠雨の日記
木村敏先生の
講演もありました。
精神医学が
まともに
哲学的であった
時代の先生ですから
人気があります。
しかし
こういう方
絶滅品種ですから
ご苦労も多いようで
圧力を受けているのが
わかりました。
 ―やけに緊張しながら
 とつとつと話されるので
 変だなと思っていたら
 体調を崩して
 中座される一幕がありました。
アメリカの哲学者は
臨床心理学に繋がる深い話をしていたけど
 ― 一人はアメリカからきた
  ヨーロッパ人
アメリカ精神医学は    ☚哲学がない
めちゃくちゃですね。
 ―先住民を虐めた
 闘争的なところが
 まだ治っていない。
それよりめちゃくちゃな
日本ですから
(ヨーロッパ的な)
木村先生も元気がなくなる
わけです。
  

2 thoughts on “西田哲学会第十回大会 PTSD否認の時代にアメリカ人と木村敏先生と

  1. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >精神科医・うつ病否定のPTSD研究者サイコドクターSの日記さん
    81歳とおっしゃってました。
    原爆PTSD研究の正当な流れも、木村先生や中井先生らが活躍されたまっとうな精神医学の流れも引き継がれてるのですね。貴重だと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です