『コクリコ坂から』PTSD予防になる真の傾聴の実際

徳丸理事長を動かした
メルちゃんの
模範解答です。
まず
なぜカルチェラタンを残したいのか
聞かれ
 ―世の中は
 古いものをどんどん潰して
 新しいものにする動き
PTSD研究家翠雨の日記
素直な答えで
 ―男の子達はと言うと
 生徒総会で
 堅苦しい言葉で
 喧嘩しながら
 議論してた。
こころをつかみ
 ―さらに聞いてみたくなります。
 自己チューだと
 無理ですが
 
 みんなの気持ちを
 代表しています。
PTSD研究家翠雨の日記
どんな流れの中で
こういう真っ直ぐさが
育ったのか
背景に興味をもたれます。
PTSD研究家翠雨の日記
徳丸さんの意識は
無意識の記憶と重なります。  ☚真の傾聴
 ―平常底と言います。
 色即是空の架空の場所です。
PTSD研究家翠雨の日記
無意識と無意識の会話で
動く何かが重要です。
 ―歴史的身体というものが
 集合的無意識にあると思います。
PTSD研究家翠雨の日記
子どもは嫌でも
親の業を背負わされますが
 ―背負っていない子はいない。
まっすぐ生きて
その歴史の流れに
1つの
答えを刻むことができたら
よいのだと思います。
 ―伝統芸能の人と一緒です。
メルちゃんは
このこころの作業で
勇気づけられ
 ―傾聴で
 自然治癒力が作動
PTSD予防を完結させます。
傾聴される側の
まっすぐなこころも  ☚呼応
大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です