いじめ殺人の大津中2PTSD解離生徒罪悪感ストレスで教師に暴行

いじめた生徒のうち
一人は
5月
修学旅行の説明会で
担任女性教諭に
暴力をふるい
小指を剥離骨折させていたそうです。
PTSDの
解離人格は
デタラメなことをしますが
無意識では
すべて覚えていますし
時々
正気に還ります。
 ―その時に
 簡単な常識テストをしたら
 ほぼ満点を取ることができます。
いじめが殺人になったことは
たとえ裁判所が認めなくても
本人にはわかっています。
人間には良心があるので
罪悪感に苛まれ
その重責に耐えられず
ストレスに弱い彼らは
暴れるのです。
隠蔽は
本人にとっても
親切ごかしなのです。
$PTSD研究家翠雨の日記
生徒思いの学校のわけはないので
学校のためでしょうがね。
いじめも不登校もない
良い学校という
イメージ作りの
犠牲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です