日航ジャンボ機墜落事故から27年目のこころのケア(PTSD予防)慰霊登山

1985年8月
520人の犠牲者を出した
事故現場である
御巣鷹山で
遺族の方々は
慰霊登山をしました。
険しい道のりですが
急斜面に並んだ
犠牲者の名前を記した墓標に
向き合います。
今でも
悲しみは癒えず
憤りも収まりません。
 ―報道されていない
 いろいろなこともあるようです。
 いつも同じですね。
そこにいるような気がするから
いろいろ報告をしたり
話しかけたりします。
大事なこころの作業ですから
また来たいし
来なければならないと
思うようです。
体力との限界で
厳しいものがあると思いますが
こころのケアも
命懸けなのだと
思います。
精神科が
流行っていない時代の事故だから
自然に
綺麗なかたちの
こころのケアを
作り上げることができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です