乳児の遺体と引越しを繰り返したPTSD解離風俗店女性(27)

出産した日も
あいまいながら
 ―2006年11月から
 2007年2月頃
 お正月の前か後かくらい
 普通覚えてるでしょう。
放置しながら
引越しの際には
連れてゆくとは
まるで
自我が分裂してるように見えますが
PTSDで
解離しているから
でしょう。
 ―その場その場で気づいて行動
  一貫性はない。
知人男性も
自分の家で
子どもが生まれ
殺されたら
いくら大邸宅でも
気づきそうなものですが
解離してるから
平気なんでしょう。
人間関係の希薄さが
凄い人たちがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です