距離を置かれるとキレてアブナイPTSD解離人格たち

前の記事ですが
逮捕された
中学生は
親しくしていたのに
距離を置かれたことに
腹を立てたようです。
寂しいとか
不安だとか
嫌だとか思うのが
素直な感情でしょう。
 ―そして原因などよく考えて
 自分を変えたり
 諦めたりします。
それを感じるのが
怖いから
 ―幼少期の無力感が再来する。
様々な防衛規制を使って
自分を守るのです。
誰にでも多少はあるでしょうが
それが過剰なのが
PTSD解離人格です。
この差は大きいです。
ビデオ撮影するなど
暴行の証拠を残してどうするのかと
普通は思いますが
自分を不安にする相手が
苦しむ様子は
ゆがんだ自己肯定感を
支えてくれるので
どうしても必要なのでしょう。
学校教育で
そういう子を救済することも大事ですが
そういう人間がいることを
知った上で
生活することで
避けられるトラブルは
避けるようにしないと
いけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です