『コクリコ坂から』の反現代栄養学でPTSD予防

とある食品会社の
大きな広告の一部に
管理栄養士さんの話がありますが
PTSD研究家翠雨の日記
一日三食を常識として
カロリーを一食400kcal
塩分は3g以下と計算されてます。
 ―頭で食べるのです。
そして
この食品会社の製品を
解凍して食べたら
いいですよということです。
便利ですが
その頭さえ使わず
身体にも聴いてあげないんですね。
それが大きな欠陥で
PTSDに襲われたら
克服の力が弱いと思います。
 ―子どもの発達状態だって
 平均がこうだと言われたら
 とてもとても
 普通の学校には通わせられないと思うし
 薬だって飲ませるんでしょ?
$PTSD研究家翠雨の日記
1963年頃の
お年寄りには
朝食抜きの人もいたし
北斗さんは
 ―北方の人の象徴と考えると
 寒い地域のヒトビトの代表
 下宿屋なので
 いろんな人がいてよいと
 わかる。
一人醤油を多めに使い
育ち盛りの男の子が
それを真似ます。
みんなは違いに驚きますが
あーだこーだと
上から目線で指図しません。
今は
沖縄から北海道まで
一律の栄養学を押し付けます。
塩分控えても
ストレス高くて
高血圧で
薬飲んだり
 ―この結末は恐ろしい。
牛乳を飲みすぎて
よく骨折したり
 ―カルシウムパラドックス
バカみたいですね。
医学も栄養学も
同じです。

2 thoughts on “『コクリコ坂から』の反現代栄養学でPTSD予防

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    「沖縄から北海道まで一律の栄養学を押し付けます」——例えば同一人物でも、暑いところで過ごせばミネラルの補給が必要ですから、どう考えても一律は無理ですよね。そもそも、各人が自分の身体の声を無視するように強要されるのが問題です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です