「寝るな」「働け」死ぬまで搾取のPTSD解離DV男(40)

2009年
26歳だった
女性が死亡しました。
 ―とても交際相手とは
 言えない。
あごを骨折するなどして
病院に5回通院していましたが
いくら聞かれても
「事故に遭った」と
DVを否定していました。
実家に連絡し
家族が救済したこともあったようですが
なんと
翌日
自ら
DV男の家に戻ってしまい
以後は
軟禁状態で
「寝るな」「働け」と
脅迫し続けられました。
 ―解離人格には
 金=愛ですから
洗脳は恐ろしいですね。
見捨てられ不安を
強力に刺激したので
投影という
妄想が加速
 ―本人は何とかしようと必死だから
狂気に走らせたのでしょう。
避難するのが
鉄則です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です