「伊豆大島台風被害」懸命の捜索のなかにもPTSD予防

震災後を
思い出させるような
被害です。
死者は22人
27人が行方不明です。
こんなときに
飛行訓練している
オスプレイって
何でしょうね。
 ―よく落ちるから
 お勧めじゃないですが
 滋賀県飛びましたね。
専門家が
発達障害や
 ―アスペルガーとか
 ADHDとかテキトーなこと
 言って
認知行動療法しか
学ばなくなり
研究のための
研究に堕してるのと
似てますね。
本来ならば
 ―20年前なら
 新聞に
 「臨床心理士が
 派遣されました」と
 うるさいくらい書かれてた。
PTSD予防の
指揮を執るべきところ
知らん顔してますね。
 ―学会で
 「こころのケア」の定義を言うと
 一斉にメモメモ…で
 驚いた。
 東京の開業精神科医は
 (ワークショップで
 DVについての講師も務めた人物)
 DVシェルターで箱庭しても
 仕方がないと言った。
 本当に知らんようですが。
無駄に出向いても
邪魔になるのでしょうが
とりあえず
赴き
黙々と手伝いながら
支援の輪を広げる
コーディネートをすれば
よいのです。
「まずどうしたいですか」
「位牌を探しに行きたいです」
『それは
臨床心理士の仕事じゃないんだけど…』
こういう感性じゃ
だめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です