らい予防法からハンセン病療養所・うつ病早期発見キャンペーンからPTSD薬害治療へ

天皇皇后両陛下は
月末水俣を
訪問されるそうですが
天皇家は
長らくこの問題と
関わってきました。
大正天皇の頃は
らいであり
予防・隔離の政策が
始まりました。
しかし
今はハンセン氏病であり
療養所であり
理不尽で過酷な人生を
送らされてしまった人々への
傾聴と反省の時代です。
うつ病予防でも
たくさんの
人身御供が発生しました。
PTSDと改称
薬害やその後遺症で
人生の可能性を摘まれた
人々への
傾聴と懺悔の時代が
来るべきです。
しかし
人間
あんまりなことすると
懺悔はむつかしいんですね。
つい逃げ回って
テキトーなこと言いながら
生き方を改めないのが
今の精神科です。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
この人もまだ
「大人の発達障害」路線で
行くらしい。
坂道がまたきつくなるのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です