やなせたかしさん最終回もPTSD原理一太極二陰陽

亡くなる5日前の
10月8日
これまでに書いた
詩をもとに
 ―『手のひらを太陽に♪』とか
  人生を統合した
  マンダラ
作ったお話と絵で
突然消えた少女に
青年が
「帰っておいでよ」と
呼びかけると
粉雪が舞い降りてきて
青年が涙する
お話です。
 ―『コナ』
最後に
「おわり」と
書いてあったそうです。
この世とあの世
少女と青年が
雪と涙
(冷たく温かい)
 ―陰陽
呼応した
架空のお話が
美しいですね。
 ― 現実と非現実に架かるのが
  架空
  一太極二陰陽
雪は
氷の親戚だから
昇華でもあります。
 ―PTSD克服に奨励される
 心的防衛機制
 解離や抑圧はダメ
クライエントさんの
箱庭表現にも
わりとみられるモチーフです。
治るということは
死ぬほど変化するという
ことですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です