『かぐや姫の物語』3つ目を通す陰陽五行説的PTSD原理満載

改めて
原作を読むと
やたら「3」が出てきます。
ひとつ・ふたつ・たくさんは
幼い子どもの数字概念ですが
 ―数人がゲーム持ってたら
 「みんな持ってる」と
 お母さんにねだります。
 2人PTSD否認をみつけたら
 「誰もPTSDなんか興味ない」という
 大人は発達障害的PTSD
「一太極二陰陽」の
 ―二元論ではない。
3でしょうね。
翠雨PTSD予防&治療研究所泣き虫も
 ―かぐや姫も泣きますね。
翠雨PTSD予防&治療研究所3つ目を通すとパワフルに!
 ―手塚治虫の
 『三つ目がとおる』
 実は飛鳥の秘密とか
 陰陽五行説めいている。
舞台の
讃岐は
空海も出たりして
畿外にしては文化的な土地と
思われていた場所で
東讃・中讃・西讃の3部構成です。
発見された時
かぐや姫は3寸で
 ― 一寸法師より大きい
3か月で一人前になり
命名の儀の大宴会は3日
帝が家に来て3年で
月を見て泣くようになります。
帝は御門とも書きますが
三門です。
 ― 天地人
貴公子の名前も
石造皇子(みこ)
車持皇子(みこ)、
右大臣阿倍御主人(あべのみうし)
大納言大伴御行(おほとものみゆき)
中納言石上麻呂(いそのかみのまろ)
「みこ」とか「みうし」
麻呂はなまったもののような…。
 ―変体仮名の世界
 1つの音にいろいろな漢字を
 当て字する。
難問に取り組む態度でも
 ―PTSD研究も
  ろくに研究しないから
  海外だのみ(知らないと思って!)
  ニセモノ(うつ病・発達障害)
  恥かき(象徴が使えてないと愚説)
  開き直りと醜態だらけ(アスペルガー消えても知らんぷり)
  やり口は普遍
3日坊主とか
 ―探しに行くふりして
  3日で帰宅
3年かけて似たもの探すとか
人に3年以上ニセモノづくりさせるとかあせる
一本の木に
銀の根・金の枝・白い玉も
3色ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です