肥満薬は治験請負会社がデータ改ざんのPTSD解離医療事情

今年6月
小林製薬の
肥満症治療薬の
治験データが
改ざんされていたことが
発覚しましたが
小林製薬から
治験を依頼された
サイトサポート・インスティテュート
(本社・東京都)が
被験者72人中4人の身長を
実際より低く記載したことを
認めました。
条件に合う被験者を
期間中に集められず
追い詰められて
解離行動したようです。
 ―良心・常識
上司とか
治験責任医師が
同意したかどうかは
藪の中のようですが
小林製薬は
治験会社に
損賠賠償請求するようです。

やせ薬のなかには
向精神薬のような
アブナイ成分が含まれているものも
あるわけだし
何でもかんでも
クスリでなんとかしようという
そういう根性を
叩き直すときでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です