『かぐや姫の物語』PTSD原理『古事記』と同じモチーフ

わりと最初の方で

家が出てきたら

おじいさんとおばあさんが
左右から
出てきます。
イザナミとイザナギが出会った時
柱を立てて
回りました。
陰陽五行説の原理通りにしないと
蛭子が生まれ
生きられませんでした。
 ―無視すると
 お話にならないくらい
 大事なこと
陰陽で
陽が与え
陰が受け取るという
原則でもあります。
 ―現実と一緒です。
♪まわれ まわれ まわれよ 水車まわれ
 
回ってお日さんつれてこい
お日さんは
アマテラスであり
お火さんで
かぐや姫かもしれないですね。
 ―火山の神と
 書いた人もあった。
 5気の1つ「火」

集合的無意識の
いのちの記憶にある
大事な共通の原理です。
 ―古事記もかぐや姫も
 アリエッティもポニョも一緒
水車でお日さん連れて来るなんて
常識では解けない命題ですが
 ―ナンセンスなら
 こんなに何度も出てこない。
「水剋火」で
水の方が強いですから
涙でつまらないエゴなど
吹き飛んでしまうのかも
しれないですね。
かぐや姫は
エゴで動かず
使命を思い出し
使命を果たします。
宿命みたいなものですから
 ―トラウマを宿している。
PTSD治療原理です。
感情のままに
解離して
好き勝手するのと
反対の方向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です