『かぐや姫の物語』ラストはPTSD克服のかたち【昇華】


防衛機制は
死なないための
当座しのぎで
開き直ってると
それが醜い後遺症になるわけですが
 ―同じ傷でも
 美しく見えるものと
 醜いものがあります。
【昇華】だけは
唯一絶対の治療過程で
目指されるべきものです。
 ―目指しようがないから
 足元・基本から
 コツコツと

絶望して
 ―無我
 
 自己否定+他からの否定
雪の上に倒れたら
 ―雪は昇華の象徴

集合的無意識の常識から
 ―親の価値観や
 世間の常識
引き離されます。

目には見えない
感官をしっかり感じているから
 ―「眠れないなら睡眠薬」
  「精神科医や臨床心理士の
  言うこと聞いてたら大丈夫」なんて
  思わなくなります。
 
上昇できるのです。

4 thoughts on “『かぐや姫の物語』ラストはPTSD克服のかたち【昇華】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です