川崎逃走強姦魔(20)「やってない」「謝りたかった」「主人格じゃない」のPTSD解離性多重人格

横浜地検川崎支部からの
逃走事件で
今は
「(別居中の)妻を介して
被害者の女性に謝りたかったから
逃げた」と
動機を供述しているそうです。
改めて逮捕された直後は
「強姦はやっていない」
「テレビを見たら
俺が主犯でやっているみたいな
言い方だ」と
不満をもらしていたそうですから
矛盾してますね。
ウソではなく
その場その場では
そう感じるのでしょう。

意識は
小さなコントロールセンターだから
コンプレックスから
都合のよいものが
プカプカ
浮かんでくるんです。
こころが折れないように
自我(セルフ)が
操作してくれるんですね。
真犯人はコイツですニコニコ
 ―でも
 コンプレックスの責任も
 容疑者にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です